BLOG

スピリチュアルな天城山

先週は金土日と山学ガイド3連発。

雨の大山で体調を崩しながらもなんとか乗り切りました。

 

日曜日は石川さゆりさんの「天城越え」で有名な天城山へ

紅葉の時期を狙って、紅葉狩りに行ってきました。

と思ったら

全然、紅葉してない!!

というか、散ってる!!

 

どうやら今年は台風の影響で「塩害」の被害が出ているようです。

たしかに、丹沢の塔ノ岳も大山も鎌倉も

ことごとく散っていた。。。

まだ秋なのに葉がないから森が明るかった。

今回、一緒に登ったメンバーは女子3人

全員、スピリチュアル系な方で

チャネリングとかメッセージだとか神聖幾何学だとか

僕には受け取る力がないので

話を聞いているだけで面白かったです。

 

わかったのはみんな真理や本質を探求している

メンバーだったということ

 

そして、天城山という場も良かったようです。

最後は暗くなりヘッドライトで歩く時間があったけど

「1回死んで、生き返った」体験だったようで

感覚がシフトしたと感動をシェアしてくれました。

スピリチュアルな方は感じることが違いますね(笑)

 

ただお楽しみで登る企画だったけど

結果的にそれぞれが自然から何かしらのメッセージを受け取って

何かしら意味のある山登りになったようでした。

 

 

今回登った天城山は日本百名山の1つで

昨年はじめて登った山で、この2年で5回目

天城山好きなんですよ。

何が良いって

自然度が高い!!

森に入ると、まず鳥の鳴き声の多さに

関東近郊の山にはない自然度を感じます。

そして、生命力を感じます。

ホームグラウンドの鎌倉アルプスや丹沢と比べても

自然の活力が全然違います。

そして、万次郎岳、万三郎岳を周って1周するコースは

アップダウンがあり多様性に富んで飽きさせない。

時間も標準コースタイムで4時間程度なので

ゴンドラを使わない丹沢の大山と同じぐらいです。

下山後は、東伊豆で温泉に入り

海鮮を食べて満足度も高いです。

また東京から3時間ぐらいで行ける距離で

人もそこまで多くない。

 

関東だと初心者が高尾山や筑波山の次に目指す

手ごろな山だと思います。

 

お薦めはシャクナゲの時期5月末。

来年はシャクナゲの時期に企画します。

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP