BLOG

氷の神殿『雲竜渓谷』を探検

「雲竜渓谷」

ここ数年、一気に知名度があがった

日光の渓谷です。

なぜ知名度があがったのかというと

1月末から2月上旬の2週間ぐらいの

季節限定でしか見ることのできない

「氷瀑」を間近で見ることができるからです。

4年前ぐらいから行ってみたいと思い

去年、ようやく行くことができました。

こんなに大きな滝が凍るのかと本当に感動します。

渓谷の一番奥の雲竜瀑の

大きさに度肝を抜かれるのはもちろん

そこに行くまでの途中も凄いんです。

大きな氷柱

まるで氷の神殿のようです。

そして、光があたり

エメラルドグリーンに輝くのも美しい。

ただし

落ちてきたら、、、大変なことになります。

だからヘルメットが必要です。

ちょっと緊張感があり

氷の神殿をワクワクしながら抜け

一番奥の氷瀑に感動

そんなプチ冒険しませんか?

初心者でも行くことができます。

必要なのは、「行ってみたい!」という好奇心と

チャレンジする勇気だけ

もしかして、その2つは

あなたの人生を変えるために大事なものかもしれません。

期間限定のとびきり体験

人生を変える体験に行きましょう!!

■氷の神殿『雲竜渓谷』を探検

a日程 1/27(土)出発が前日23:30になります
https://www.facebook.com/events/133488550662185/

b日程 1/29(月)出発が前日23:30になります
https://www.facebook.com/events/329361847548315/

c日程 2/3(月)出発が前日23:30になります
https://www.facebook.com/events/328264544318521/

【スケジュール】
23:30 新宿御苑前 出発
途中でSAで休憩、コンビニで買い物
3:00 雲竜渓谷入口の駐車場着
仮眠
7:00 雲竜氷瀑へ向けて出発
林道入り口ゲート(55分)→ 稲荷川展望台(20分)→
洞門岩(40分)→ 雲竜渓谷入り口(40分)→
雲竜瀑(30分)→ 雲竜渓谷入り口(75分)→
林道ゲート入り口
12:30 駐車場発
13:00 昼食 候補1.トンカツ浅井  候補2.山のレストラン
※唐揚げ定食が有名な東照温泉旅籠福田屋で
温泉に入り遅めの昼食というパターンもあり
※参加者の希望に沿って柔軟に変更可能
15:00 湯西川温泉の「かまくら祭り」
17:00 日光を出発
21:00 新宿駅で解散

【定員】      8名
【催行人数】   3名
【参加費】    16,000円
■ツアー代に含まれるもの
ガイド料、新宿からの交通費、保険料
■ツアーに含まれない物
新宿駅までの交通費
朝食代
昼食代(約1,000~3,000円)
温泉代(大人:500~1000円)

【持ち物】
◎雪山登山またはウィンタースポーツのできる格好

   温度調節できるものが良いです
○ダウン
○ゲイタ―(スパッツ)
○帽子
◎手袋(防水のもの)
◎登山靴(軽アイゼンが装着できるもの)
◎ヘルメット
◎アイゼンまたは軽アイゼン(6本刃以上)
※装備がない場合はレンタルも可能です。
ヘルメット 1500円、軽アイゼン 2500円
△ストック(あれば)
△タオル(温泉用)
○着替え、替えの靴下

【注意事項】
車中泊になります。
天候により変更、中止になることがあります。

【お問合せ・お申込み】
お問い合わせは、西川史晃(ふーみん)
fumi19820212@gmail.com

お申込みは(株)エクスプローラ「地球探検隊」
tabimail@expl.co.jp へお願いします。

(メールにはお申込人数分のお名前、電話番号を明記ください)

■地球探検隊
https://www.facebook.com/chikyu.tankentai/

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP