BLOG

人生のターニングポイントを生み出す

上手くいっている人が「これが良いよ」と言ったら

そっちに飛びつき、「あっちが良いよ」と言ったら別の方に飛びつく

そんなこと繰り返していませんか?

もう止めませんか?

いまグリッド(やり抜く力)が注目されていますが

徹底的にやり続けた人が最後に笑うと言われています。

だからこそ

最初に「本当にやりたいことを見つける」ことが重要です。

本当にやりたいことって何だろう???

って、いくら考えても出てきません。

頭(思考レベル)で考えても、

本当にやりたいことではない場合があるからです。

僕自身が経験したことですが

仕事に追われ、職場で心身ともに疲弊し、プライベートも上手くいってない

そんな状態のときに思考で考えると「現状から逃げ出すための目標」

つまり本気でワクワクしていない偽りの夢を作り出したことがあったからです。

そんな時は、考えることを止めるのも有効です。

そして、「感じる」ことに意識を向けることも必要かもしれません。

考えすぎていると、感じることをしなくなります。

悩んで考えて、そんな自分をダメ出しして、また悩む

そんなループにハマっている人は多いです。

ロジカルに考え、制約に縛られた考えに陥りやすくなります。

これは左脳を使っている状態です。

夢を描くにはワクワクする力、右脳(感覚、感性)の力が必要です。

右脳は、五感を司る動物的な脳と言われています。

僕は、どん底だった時期に全ての予定をキャンセルし

4泊5日で山登りに行ったことで、本当に自分が大切にしていることがわかりました。

そして、自分がワクワクする夢を見つけることができたのです。

自然の中では、五感がフルに活用されている状態になります。

アメリカの心理学者によると自然の中に身を置くことで、

自然と調和し、元気を取り戻せるだけではなく、知的能力も向上する。

また自然の中に3日間いるだけで、創造的な問題解決能力が50%高まる

という結果も出ています。これは「3日間効果」と呼ばれています。

僕はそのことを知らずに毎年のように3日間の山登りを行っていました。

【山登りをはじめてから泊まりの登山】

 2013年5月雲取山1泊2日(小屋泊)

 2013年8月薬師岳1泊2日

 2013年10月燧ケ岳~尾瀬1泊2日(小屋泊)

 2013年12月屋久島縦走2泊3日(小屋泊) ⇒ やればできるという強烈な思い込み

 2014年5月鳳凰三山2泊3日

 2014年8月大雪山~トムラウシ3泊4日 ⇒ コーチングと出会う

 2014年9月北岳-間ノ岳1泊2日(小屋泊)

 2015年3月丹沢縦走1泊2日(小屋泊)

 2015年5月会津駒ケ岳1泊2日(小屋泊)

 2015年8月北アルプス縦走4泊5日 ⇒ 夢が見つかる

 2015年9月立山1泊2日

 2016年5月槍ヶ岳2泊3日(雪上テント泊) ⇒ 高所恐怖症の乗り越え方を学習

 2016年8月南アルプス縦走5泊6日 ⇒ ビジネスのアイデアが見つかる

 2016年10月中央アルプス縦走1泊2日

 2016年12月雲取山1泊2日

 2017年4月屋久島1泊2日(小屋泊)

 2017年5月丹沢1泊2日(小屋泊)

 2017年8月富士講4泊5日(民宿、小屋泊) ⇒ クラウドファンディング達成

振り返ると3日以上山に入ったところが

人生のターニングポイントになっています。

この数年、人生が激変し加速しているのには理由があるとしたら

「3日間の登山」なのかもしれない。

そこで

『1年に1回、3日以上の登山をすることで人生が加速する。』

という仮説を立てました。

この秋にこの仮説を検証したいと思います。

11月3~5日で人生のターニングポイントを生み出す登山を実施します。

先着2名限定です。

場所は参加者のレベルによって決めます。

初心者でもやる気があれば大丈夫です。

仮説検証のための実験のため

特別価格でご案内します。

なかなか自分一人ではできない経験だと思います。

3日間効果を体験してみませんか?

【参加することで得られるもの】

 ・人生のターニングポイントとなる

 ・本当にやりたいことが見つかる

 ・やりたいことが明確な人は、早く目標にたどり着くアイデアが生まれる

 ・自信がつく

 ・悩みが解消される

 ・やるべきことが明確になる

 ・元気を取り戻せる

全ての問題は山が解決してくれる。

五感を開き、感じよう。

興味のある方はご連絡ください。

【連絡先】

  fumi19820212@gmail.com

よろしくお願いします。

※10/4~10/18はタンザニアに行っていますので

 お返事ができないかもしれません。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP